筋トレ好き専業主夫の料理ブログ 父飯男飯

料理ができる男はモテる?料理ができるお父さんはかっこいい?専業主夫が送る男飯の作り方をご紹介。筋トレが趣味なので減量増量ダイエットも得意です。

運動で痩せよう!ダイエットでオススメのメニューたった3選

スポンサーリンク

ダイエット、減量は食わなければ痩せます。

糖質カット、糖質オフ

痩せますよ〜!!ガンガン痩せます。

 

でも我慢できる?

我慢できて痩せた先にあるのはリバウンド。

 

糖質カットして手に入れた体は砂の城。

すぐ崩れます。

 

と言うのも無理な食事制限や糖質カットでは目標達成して普通に食べてるだけで戻るようになります。

これは体重と一緒に代謝も落ちているので、酷ではありますがずっとその体型を維持したければ永遠のダイエッターにならねばなりません。

さらに加齢で代謝が落ちるので年々辛くなってきます・・・

 

何かイベントがあってそれに向けて痩せる分には糖質カットなどは非常に有効です。

ですがずっと痩せていたいなら運動で代謝を上げて痩せるのが理想です。

一度筋肉がつけばそう簡単には落ちませんのでずっと燃焼し続けてくれます。

 

筋肉に先行投資するようなものです。

 

では簡単にできる運動で痩せるのにオススメのメニューをご紹介したいと思います。

自重トレーニングですのでやりすぎてゴリマッチョになることはないのでご安心ください。

 

運動で痩せよう!ダイエットでオススメのメニューたった3選

まず痩せる体づくりとは何か。

 

先ほどから書いている通り代謝を高める必要があります。

代謝を高めれば極端に言えばゴロゴロしているだけで脂肪燃焼されるようになります。

 

筋肉量が増えればそれだけ生命維持、体を維持するためのエネルギーが必要になるわけです。

これが下回れば脂肪が落ちて次に筋肉が落ちます。

 

今回の考え方として筋肉を落としてしまうのはきつい。

痩せにくくなるので脂肪を落として筋肉を増やす運動です。

 

有酸素運動は痩せると言われていますが実際の消費カロリーは大したことないんです。

 

痩せやすくなるために考えなければいけないのは消費カロリーをあげる、のではなく基礎代謝をあげる、です。

 

基礎代謝をあげるには色々な方法がありますがまずは体の巡りをよくする必要があります。

 

どんな?と言われれば

姿勢が悪いと基礎代謝は下がる。

 

なので姿勢のいい体になる必要があります。

痩せるだけでなく姿勢がよくなったらプロポーションよくなりますよね。

姿勢が良くなれば痩せやすくなるとは最高ですね。

 

姿勢制御は意識して行うことも大切です。

が、筋トレを行い鍛えることで姿勢が自動的に改善されます。

これらの筋肉はいわゆるインナーマッスルというやつです。

 

では具体的な筋トレメニューをご紹介いたします。

 

プランク

f:id:kyoya7zon:20190823091947j:plain

体幹トレーニングの王道とも言えるプランク。

これで腹筋、背中、脚と鍛えることができます。

一番効いているのは腹筋・インナーマッスルです。

写真のようにフォームには注意してください。

まっすぐになるように体を持ち上げます。

 

これを鍛えることでぽっこりお腹を引っ込ませることができます。

 

ぽっこりお腹って単純に腹が出ているだけではなく、骨盤が前に出ていることが多いです。

f:id:kyoya7zon:20190823092321j:plain

https://www.rizap.jp/voice/womens

インナーマッスルを鍛えることで背骨が正しい位置に来るようになります。

なのでプランクは非常に有効なんです。

 

それと脇腹も引き締めるにはサイドプランクがオススメです。

f:id:kyoya7zon:20190823093247j:plain

やり方はプランクを横にしただけ。

左右しっかりやっていけばくびれをゲットすることができます。

 

プランクは家のちょっとしたスペースでちょっとした時間でできます。

これは積極的にやりましょう。

 

動画と一緒にどうぞ!

 

スクワット

f:id:kyoya7zon:20190823093448j:plain

 筋トレの王道スクワット。

脚やせ効果もあるし代謝が高まります。

以前腹筋を割るなら腹筋するよりスクワットした方が早い理由を書きました。

 

体の筋肉の中でも足の筋肉は特に大きい部位です。

つまりここが鍛えられると代謝が上がるのです。

 

スクワットしたら足が太くなる?

最初は太く感じると思います。

発達した筋肉と既存の脂肪ですので発達分太くなります。

 

で、ここでやめてしまうと太くなったままです。

そのさきに脂肪が燃焼し引き締まった脚になります。

近道はなく継続は力なり・・・

 

さらにふくらはぎを鍛えるとまたまた代謝が上がります。

 

ふくらはぎは第二の心臓と言われており下半身の血の巡りをよくします。

ここがしっかり鍛えられてくると長時間の立ち仕事などでも全く浮腫まなくなります。

 

ガチで脚を鍛えるならバーベル担いでスクワット

ですが今回は痩せるのが目的なので自重で十分でしょう。

 

こちらも動画と一緒にどうぞ!

結構きついです。

 

背筋 バックエクステンション

f:id:kyoya7zon:20190823094414j:plain

このように猫背になってしまうと色々ダメなことがあります。

 

まずルックス。

自身がなさそうで猫背ってだけで不潔だと思われることもあるそうです。

 

猫背だと立ち仕事もオフィスワークも疲れます。

肩こりにもなりやすくなります。

もういいことないんですね。

 

と言ってもこれを意識だけで直すのは非常に難しい。

なので背筋を鍛えるのをオススメします。

 

先ほどのプランクでもある程度鍛えることができます。

さらにバックエクステンション・・・学校や部活では背筋と言われてるアレをやれば改善されます。

これは背中、腰に効くトレーニングです。

腰痛の方は無理をなさらぬよう・・・ですが腰痛も改善されるトレーニングです。

動画と一緒にどうぞ

 

ちなみに女性の場合はかなりバストアップします。

というか大きく見えるようになります。

 

今まで胸が姿勢で引っ込んでいたのが背筋が伸びてまっすぐ立つころで胸が強調されます。

強調されるというとちょっと厚かましい気もしますが元の状態に戻るということです。

 

これだけやれば大丈夫

今回三つのトレーニングメニューを紹介しました。

痩せる体を作るにはこれ以上はないでしょう。

これ以下もない。

 

まずはこの三つを抑えて過食しなければ少しずつ痩せるはずです。

体重の数値を気にするのではなく見た目に注目です。

毎週毎日同じところで同じ姿勢で写真を撮っていくと効果が実感できます。

 

思い立ったらレッツトレーニング!