筋トレ好き専業主夫の料理ブログ 父飯男飯

料理ができる男はモテる?料理ができるお父さんはかっこいい?専業主夫が送る男飯の作り方をご紹介。筋トレが趣味なので減量増量ダイエットも得意です。

太くならない痩せる筋トレとはどんなものか?やり方も解説します

スポンサーリンク

ダイエットしよう!

思いつくのは

 

・筋トレ

・有酸素運動

・食事制限

 

どれも効果的な方法です。

しかしこう並べてみてみると・・・筋トレだけややデメリットというか抵抗を覚える人も多くはないはず。

 

筋トレしたら太くなるんじゃね?

 

足痩せしたい!

スクワット!

 

プニプニ感は消えたけど硬くなって太くなってしまった・・・

それでは痩せるという定義がなんなのか。ってなります。

 

今回は筋肥大する筋トレ、痩せるための筋トレについて解説しようと思います。

 

太くならない痩せる筋トレとはどんなものか?やり方も解説します

f:id:kyoya7zon:20200204081731j:plain

まず筋トレで筋肉を増やす

マッチョになるためにはどんな筋トレが有効なのか。

 

筋トレをすれば必ずしも大きくなるわけではありません。

毎日腕立て伏せをやっていればボディビル並にデカくなるわけではありません。

 

筋肉を大きくするには

・高強度

・低回数

 

1セット8〜10回程度で限界が来る重さで3セット程度行います。

上がるか、やり遂げられるかギリギリのトレーニングです。

 

なのでそう簡単にゴリマッチョにはならないのです。

 

では痩せる筋トレとは何か。

痩せる筋トレは無酸素運動というより有酸素運動に近いものになります。

 

先ほどの筋肉を大きくする筋トレとは真逆で

・低負荷

・高回数

 

で行います。

1セット30回程度行いこれを繰り返します。

もちろんできないものは多く回数をこなす必要はありません。

やれる範囲でこなします。

 

こうするとトレーニング中の消費カロリーも多くなり、脂肪を燃焼しやすくなります。

この時、筋分解と言って脂肪だけでなく、筋肉からもエネルギーを使うので太くなりにくい。

よって筋肉を太くしたい方にはオススメできない方法です。

 

1時間以上行うと効果的

この低負荷の筋トレは当然長い時間行うほどに消費カロリーが多くなります。

もちろん、筋肉の限界がきて動けなくなるようなら続ける必要はありません。

 

一例ではありますが

・45分間筋トレ

・30分以上有酸素

 

こう言った組み合わせは有効です。

 

筋トレで脂肪を分解し、

有酸素運動で脂肪を燃焼することができます。

 

これによって爆速的に痩せることが可能です。

ただしんどいとは思います・・・

 

HIITという最強の痩せる筋トレ

HIITとは

高強度インターバルトレーニング

High-intensity interval training

 

のことです。

筋トレ、有酸素運動の辛さがかけ合わさった地獄のトレーニングと言ってもいいでしょう。

私は停滞期など本当に体重が減らない時しかやりません。

それほどきついんです。

 

やり方はYoutubeをみながら一緒にやるのがオススメ。

 

これはマンションなどでも静かにできる方法。

程よい?感じに効いてきます。

 

 

続いてこちらはガチなやつ。

大半の慣れていない人は途中でつぶれると思います。笑

怖いもの見たさ、的な感じでやってみてください。

 

 

大きくなりたい場合は短時間で筋トレを収めるべし

もし痩せる目的ではなく、筋肉を大きくしたい場合は短時間で行う必要があります。

 

というのも先ほど書いた通り、長時間筋トレや運動を行うとそのエネルギーを筋肉から使うので痩せる可能性があります。

 

なので目安としては1時間以内にしっかりと追い込むように心がけましょう。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

【1時間でしっかり追い込め】筋トレに最適な時間帯と時間 

 

自重トレーニングでは簡単には太くならない

自宅で手軽に始められる自重トレーニング。

 

・腕立て伏せ

・腹筋

・スクワット

 

これら自重で行うことができます。

 

自重トレーニングは筋肉が太くなりにくいトレーニング。

 

なぜか?

例えば毎日2km歩くとしましょう。

転勤、引越しで生活環境が変わり毎日5km歩くようになりました。

 

足太くなりますか?

 

なりませんよね。

自重というのは筋肥大に限界があります。

普段腕立て伏せをしていない人が腕立てをするようになれば、しばらくの間は筋肉が成長します。

しかしある一定ラインで成長が止まります。

 

自重という重さに耐えられる筋力がついたということです。

自重が重くなれば(太れば)さらに肥大しますが基本的にはマックスが見えているのです。

ウェイトトレーニングはそのMAXが調整できるので筋肥大を可能としているのです。

 

太くなりたくない

そんな方はまずは自重トレーニングを行ってみましょう。

ジムを悩んでる方。

まずは自重トレーニングをしてみましょう。

 

簡単には筋肉は太くならないので、安心してダイエットに取り組んでください!