筋トレ好き専業主夫の料理ブログ 父飯男飯

料理ができる男はモテる?料理ができるお父さんはかっこいい?専業主夫が送る男飯の作り方をご紹介。筋トレが趣味なので減量増量ダイエットも得意です。

筋トレが続かない?それは目標がないからです【筋トレを続けるコツ】

筋トレが続かない。

これはよく聞かれる悩みではないでしょうか。

個人的な経験上、筋トレが続かないのは禁煙できないのに良く似ています。

筋トレを継続すること、禁煙を継続することというのは結構似たような点が多いのです。

結局なにが重要なのか、それは目標をしっかり持つことが大切です。

しかも漠然とした目標ではなく明確で短時間なもの。

目標の設定がはじめから長くては初動が間違いなく鈍くなるでしょう。

重要なのはスタートダッシュなのです。

スタートダッシュを決めればその後は比較的簡単に継続することができます。

筋トレに関してはそろそろ夏ですので露出する機会が多いと思います。

夏にナイスな体を目指すにはそろそろ最終防衛ラインです。

最短最速で鍛えましょう。ほら、夏までにという短い目標がプレッシャーをかけてきますよ!

 

 

f:id:kyoya7zon:20190504132259j:plain

筋トレが続かない?それは目標がないからです【筋トレを続けるコツ】

筋トレをなんとなく始めるとたぶん続きません。

筋トレ初心者に朗報ですが初心者であればあるほど筋トレによる体の変化はすぐに現れます。

ちょっと腕立てしただけで胸筋が大きくなりますし、スクワットしただけで脚がいい意味で太くなります。

ただそのあと停滞というか効果を感じにくくなるときに筋トレって・・・という具合で離脱率が増えます。

これが大体2週間~一ヶ月くらいの出来事です。

 

まず最初に設定すべきは期間と目標です。

体重を何キロ落とす、体脂肪を何%にするなどでもいいです。

まずは2週間の目標を立てましょう。

かなりストイックに追い込めば二週間で5kgくらいは余裕で落とせます。

極端な例ですけどね笑

目標なく筋トレをはじめてしまうとなんのためにやっているのかわからなくなってきます。

また筋トレは終わりのないものですので目標がない限り永遠にやり続けることも出来ます。

なので目標がない場合はこの漠然とした事実からやる気が起きなくなります。

 

数値的目標以外にも見た目で目標も立てましょう。

例えばズボンに乗った腹回りの肉を減らす。

毎日写真を撮ったり、つまんでみたりすると結構変化しているのがわかりやすい場所です。

あとはまっすぐ立ったときに太ももがくっついていたら、くっつかなくなるまで痩せるとか。

これも割りと直ぐ効果が出るはずです。

 

まずは短い目標を持ちましょう。

禁煙もおんなじです。今日は吸わない、明日は吸ってもいいとか小さい目標を毎日積み重ねて成功へ導きます。

体重、体脂肪の目標のために毎日少しずつ筋トレをするという習慣を身につけましょう。

 

筋トレを習慣化する

週二回、毎日でもいいです。

すこしずつ筋トレをする癖をつけていきます。

最終目標としては筋トレをしない日は違和感がすごかったりなんとなく気持ち悪いといった具合になるように習慣化させます。

筋トレが習慣化すればあとはこっちのもので自動的に筋トレをするのが楽しくなってきます。

大体習慣が定着するまで長くて3ヶ月くらいは掛かると思います。

もちろん習慣化したとしても筋トレに対するかったるさなどはあります。

私もいまだに脚トレはいやです。がしっかりトレーニングした後の爽快感や達成感をしっているので続けることができます。

 

筋トレを習慣化できれば必然的に目標へむけて加速できます。

最初は二週間で何キロ落とす、といった目標でしたが次の目標はもっと具体的な数字と見た目について考えられるようになります。

筋トレにハマれば筋トレの効果を最大化したくなるので必然的に食事にも気を使いますし生活習慣の改善に繋がります。

 

ちょっとテーマから外れますが

私的には筋トレを始めた頃は減量すべきではないと思っています。

順番的には筋トレ開始の2週間では3キロくらい痩せてみましょう。

2週間で無理なら最大一ヶ月でも構いません。

とりあえず3キロ痩せてみてください。

 

そのあとは減量食ではなく、バランスの取れた食事でしっかり食べて筋トレの強度をあげることをおすすめします。

こうすることで基礎代謝となる筋肉を発育させてさらに痩せやすい体にすることが出来ると思います。

最終的に痩せるのはしっかり筋肉がついてから。

このほうが痩せたときに綺麗にマッチョになれます。

 

とはいえ最短最速で痩せるというテーマからは少し離れますが・・・

 

常に筋トレの効果を意識する

何事もそうですが効果を感じることで継続することができます。

筋トレをはじめるときのきっかけはなんでしょうか。

痩せる?腹筋を割りたい?

 

これらの目標に近づいていることを日々実感しましょう。

毎日みているとよくわからん、ということもありますので毎日同じ時間に同じアングルやポーズで写真を撮る癖を付けると変化に気付きやすいです。

がんばった分だけ変化を感じることが出来ればモチベーションを保つことが出来ます。

 

私は最短最速で効果を感じるようにしています。

たとえばトレーニングできているウェア。

通常時はぴったりですが高強度の筋トレをしたあとはパンプアップしてぱつぱつになります。

あ!今日もまたでかくなったな!

と筋トレ直後に思うことでこれだけでモチベーションはあがります。

このほかにも筋肉痛になればまた太くなると思えますし達成感を感じることが出来ます。

 

筋トレの効果を意識するというのは結構ナルシストになる必要があるかもしれません。

むしろナルシストくらいがちょうど良いといえます。

 

とにかく筋トレの効果を常に意識してみましょう。

必ずやる気が出てくるはずです。

仮にも筋トレの効果がわからない、という場合は一度筋トレの負荷、強度をあげてみましょう。もしかしたら足りていないのかもしれません。

 

筋トレが続かないときに見直したいこと

筋トレが続かないというのは禁煙に似ていると書きました。

ちなみに禁煙に筋トレが向いているという話もあります。ある意味この二つは密接な関係にあるかもしれません。

 

今回の記事のまとめになります。

筋トレが続かないときに見直したいこと

・目標をしっかり持っているか

なんとなく始める筋トレは続きません。

モテたいとか、彼女ができたからとかそれくらいの動機でいいんです。

目標を明確に持ちましょう

・目標期間は明確で適切か

漠然とした目標ではゴールの見えないマラソンと同じです。

短期間に目標を設定することでスタートダッシュを決めて追い込むことが出来ます。

 

筋トレを続けるには結構不純な動機が強かったりします。

モテたいとかモテたいとか・・・

これは人間の本能ですからこれを利用すれば確実にモチベーションを維持し筋トレをすることが出来ます。

ちなみに筋トレをすると持てる理由はこちら。

 

筋トレをするとモテる理由 - 筋トレ好き男子の料理ブログ 父飯男飯

 

まずは筋トレを習慣化するところからはじめてみましょう!