筋トレ好き専業主夫の料理ブログ 父飯男飯

料理ができる男はモテる?料理ができるお父さんはかっこいい?専業主夫が送る男飯の作り方をご紹介。筋トレが趣味なので減量増量ダイエットも得意です。

豆腐はダイエット向きか?豆腐で痩せるその効果とは

スポンサーリンク

今回は豆腐について書こうと思います。

 

豆腐ダイエットという言葉を聞いた事がありますか?

豆腐は大豆製品ですので植物性タンパク質を含み、低カロリーなイメージがあります。

 

また調理例も多くあり、工夫して料理すれば飽きずに毎日、しかもお腹いっぱい食べる事ができるかもしれません。

 

ダイエットの見方に感じる豆腐ですが、実際のところ本当にダイエット向きなのか。

これについて解説していこうと思います。

 

豆腐はダイエット向きか?豆腐で痩せるその効果とは

大豆食品でのダイエットは以前から注目を集めています。

 

豆乳ダイエット

納豆ダイエット

豆腐ダイエット

 

大豆は畑の肉と呼ばれるくらい栄養価が高く、特に日本人には相性の良い食品です。

タンパク質を多く含むのでダイエットや筋トレにも良いとされています。

 

ソイプロテインという大豆から作られるプロテインがあるほど、ダイエットや筋トレと密接な関係があるのです。

 

豆腐からタンパク質を摂取する

豆腐ダイエットの効果、理屈は以下の通り

 

・タンパク質を摂取する事で空腹感を抑え、満腹感を得る事ができる。

・豆腐は水分も多く含むのでかさ増しとしても有効

 

タンパク質をとると空腹感が紛れる。

これはプロテインを飲むとそれまであった空腹感がなくなる事が多いです。

なので食事前にプロテインを飲むと食事量が抑えられるという利点があります。

 

次に豆腐は水分が多いので比較的早くお腹がいっぱいになります。

しかも量の割にカロリーが少ないという利点があります。

大豆には脂質が多く含まれる

ここからは豆腐のデメリットについて解説します。

 

豆腐、というか大豆製品には脂質も多く含まれます。

脂質と言っても肉などの動物性脂質に比べ植物性脂質なのでそこまで害があるわけではありませんが脂質を含むということはカロリーも高いということです。

 

比較してみると

 

絹ごし冷奴100gの場合

カロリー 62Kcal

タンパク質 5.4Kcal

脂質 3Kcal

炭水化物 3Kcal

 

ゆで卵 100gの場合

カロリー 166Kcal

タンパク質 13.6Kcal

脂質 11.4Kcal

炭水化物 0.6Kcal

 

このように豆腐と卵を同じ100gで比較すると豆腐の方が低く見えます。

 

しかし豆腐が100gというのはかなり少ないはず。

卵は100gですと2個くらいになります。

 

そう考えれば一食としてみると

 

豆腐 300g

カロリー 186Kcal

タンパク質 16.1Kcal

脂質 9Kcal

炭水化物 9.2Kcal

 

卵一個 50g

カロリー 83Kcal

タンパク質 6.8Kcal

脂質 5.7Kcal

炭水化物 0.2Kcal

 

となります。

 

なので豆腐ダイエットと言って食べ過ぎてしまうと想像以上に痩せにくいということになります。

 

豆腐の効果

食べすぎるとカロリー脂質が多くなると書きましたが豆腐には優れた効果もあります。

 

タンパク質リノール酸

血圧やコレステロールを下げて動脈硬化を予防する効果があります。

 

レシチン・βコングリシニン

脂肪代謝、脂肪肝を解消する効果があります。

 

レシチン・コリン

記憶力を高め、老化やボケ防止に役立ちます。

学生さんなどはテスト勉強に最適です。

 

サポニン

活性酸素を抑制する働きがあります。

活性酸素を抑制することで成人病や老化予防に効果があります。

 

オススメの豆腐の食べ方

豆腐ダイエットをする上で重要な豆腐の食べ方。

飽きずに食べる必要があります。

 

オススメの食べ方は豆腐にきなこと黒蜜をかける食べ方。

f:id:kyoya7zon:20191113094520j:plain

ダイエットではなかなか甘いものを食べる事ができません。

そんな時にはこの豆腐にきなこと黒蜜をかけて食べる。

 

かなり美味しいですよ!

ダイエット中のデザートにオススメです。

 

豆腐ステーキ

www.kurashiru.com

 

豆腐チヂミ

www.cchan.tv

 

 簡単麻婆豆腐

 

www.father-cooking.com

これは一押しです!

ほんと美味しいですよ!

 

 

豆腐ダイエットの注意点

先ほども書いたように豆腐にはそれなりに脂質が含まれます。

脂質が含まれるということはカロリーも多くなります。

 

気軽に食べやすい豆腐。

食べる量を注意すればダイエットとしての効果は十分にあると思います。

 

ですがボディービルダーが減量で豆腐を好んで食べないのにはそれなりに理由があるということです。

 

豆腐ダイエットについて、人により合う合わないがあるので一度試してみるのが良いでしょう。