筋トレ好き専業主夫の料理ブログ 父飯男飯

料理ができる男はモテる?料理ができるお父さんはかっこいい?専業主夫が送る男飯の作り方をご紹介。筋トレが趣味なので減量増量ダイエットも得意です。

うつ病になると突然、趣味に興味がなくなったりする症状が出ます

スポンサーリンク

今回はうつ病、双極性障害、統合失調症で現れるうつ状態の症状について解説しようと思います。

 

うつ状態とは

・気分が乗らない

・めんどく下がりになる

・寝てる

 

とまぁ色々ありますが実際経験してみないとこの感じは絶対にわかりません。

うつ病などんなに説明されても、具体的に教えてもらったとしてもなってみないとわからないんです。

 

私も実際体験してみて思いました。

まるで地獄のようだと。

 

生きていることが地獄でした。

とは言え死のうと思うレベルではありませんでした。

 

うつっぽい感じからどん底に到るまでどのように感じているのか。

またこうなったらうつかも?という例をあげたいと思います。

 

うつ病になると突然、趣味に興味がなくなったりする症状が出ます

f:id:kyoya7zon:20190913123242j:plain

不眠は鬱の始まりとも言われています。

だいたい鬱っぽい思考を抱えていると寝るときにそれらネガティブアイデアがどんどん溢れてきて寝れなくなるのです。

 

睡眠学に置いては明日起こるかもしれない楽しいことを想像すると寝つきが良くなるとされています。

もしできる状態ならお試しください!

 

鬱になると喜怒哀楽。

喜楽が薄れてきます。

 

感覚でいうと美味しい料理の味が薄い感じでしょうか。

とにかく色々と味気なくなり、いずれ興味がなくなってきます。

 

さらに面倒なことに、興味がなくなる・・・その興味がなくなってしまったことを攻めるようになるのです。

また好きだったものへの興味がなくなることで強い不安感を覚えることもあります。

 

この感覚というのはなってみた人にしかわからない。

飽きたとは違うんです。

だから不安に感じるんです。

 

これらの不安などの解決法はちゃんとありますのでご安心ください。

後述いたします。

 

好きなものがなくなった

私が好きなもの

・車やバイク

・釣り

・筋トレ

・料理を作る

・美味しいものを食べる

・家族

 

とこんな感じです。

鬱になったとき、まずはじめに興味がなくなったのは釣りでした。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが私は釣りを仕事としています。

 

ずっと昔からひたすらに釣りをしてきたにも関わらず、突然興味がなくなった。

いや興味がないことに気が付いたんです。

 

なので朝早くに出かける必要がある釣り。

起きれるわけもない。

 

そして罪悪感でまた苦しい思いをする、というループを繰り返していました。

 

料理についても同様です。

まず食欲がない、というか食べることが恐怖でした。

うつ状態の時に私は不眠である、強い不眠恐怖を抱えていました。

食事をとる、ということは胃にものが入る。

そうすると睡眠薬の効きが悪くなるのではないか。

 

と思い食事をほとんどとりませんでした。

 

さらに家族に料理を作るのですがたまたま調理中にアカシジアを発症したことで料理がトラウマのようなものになりました。

 

趣味や興味が回復するには

精神がズタボロになってやはり頼るのは抗うつ剤など薬になります。

薬を否定する意見もありますが現時点では飲まないより、飲んだ方が気持ちは楽になります。

 

そして投薬開始から個人差もありますが2週間ほどで少しずつ改善されてきます。

 

私は2週間で不眠恐怖が和らぎ、食事が取れるようになりました。

その後2ヶ月で釣りへの興味が戻ってきたのです。

 

ここまで興味がなくなったからもう2度とやることはないだろうとか思っていましたが見事に回復。

これには驚きました。

 

趣味、興味がなくなった場合、人に相談するのもいいと思いますが肯定する人には注意が必要です。

 

最近車に興味がなくなったんだよね・・・

 

そう、飽きたんじゃない?

こう言ってくる人には気をつけましょう。

 

回復を加速させる方法

うつ状態から解放されるのはやはり運動が必要不可欠です。

運動をすればセロトニンなど幸せホルモンと呼ばれるものが出るので鬱改善には非常に効果的。

 

私が取り組んだのはやっぱり筋トレ。

うつ状態でも筋トレはメンタルを救うと信じて続けていました。

筋トレだけでは鬱を改善することはできませんでしたが立ち直りを早くさせる効果はあったと思います。

 

うつ状態で引きこもってしまうと筋力が低下します。

そうなるとさらに動く、カロリーを消費するのも減りメンタルが沈んだままになってしまうのです。

 

無理にとは言いませんが毎日筋トレやウォーキングをお勧めします。

 

朝の散歩は気分を上げる

朝の散歩は非常に効果的です。

朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、夜に寝つきやすくなります。

 

また朝の空気は素晴らしいものです。

ホコリが少ないのも朝。澄んだ空気をたくさん吸い込めば気分もリフレッシュします。

 

朝は1日の始まり。

うつ状態だとまた1日が始まったと思うこともあるでしょう。

ですが寝坊してダラダラ過ごすよりは動いている方がましです。

 

今回紹介した方法は若干荒療治のところもあります。

何ができるか、何がしたいか、どうなりたいか。

 

自分で考えてベストな治療を行いましょう。