筋トレ好き専業主夫の料理ブログ 父飯男飯

料理ができる男はモテる?料理ができるお父さんはかっこいい?専業主夫が送る男飯の作り方をご紹介。筋トレが趣味なので減量増量ダイエットも得意です。

部分痩せなどない!太りやすい部位と痩せやすい部位 痩せる順番は?

スポンサーリンク

今回は痩せる部位、太る部位

さらにはダイエットして痩せていく部位の順番について書きたいと思います。

 

・・・?

 

つまり部分痩せはないということです。

確実にないとは言いませんがほぼ部分痩せは難しいと思います。

 

近年では部分痩せなど唄うダイエットやエクササイズがありますが部分痩せしているのではなく、全体的に痩せた結果、狙った部位が痩せているわけです。

 

じゃあ極端な話でめちゃくちゃ腹回りが細い。

くびれてるし、腹筋もうっすら割れている。

 

そんな人が二の腕だるだるで太い。

足と尻がぶよぶよでダラダラ。

 

ありえないでしょ?笑

どんだけバランス悪いんだよ!

 

ということで部分痩せというのは他の部位も痩せる。

これについて解説したいと思います。

 

部分痩せなどない!太りやすい部位と痩せやすい部位

f:id:kyoya7zon:20191001100619j:plain

まず太りやすい部分、痩せやすい部分について書きたいと思います。

 

太りやすい部分。

これは理にかなっていると言いますか人間の生命を維持、保護する上で重要拠点を中心に脂肪がつきやすくなります。

 

まずは腹回り。

特に女性の場合へそ周辺が太りやすくなります。

これは妊娠を想定しているので冷やさないように、衝撃を和らげるようにという配慮なんです。

その他男女共通ですと消化器官の保護を目的として脂肪がつきやすくなります。

 

お腹が冷えると下したりしますよね。

消化とは体にエネルギーや栄養を取り入れる働きです。

なので重要拠点として脂肪に保護されやすくなるのです。

 

逆に太りにくく痩せやすい部分は末端になります。

手、手首、足首です。

 

仮にも手や手首が変化しやすいところだったら時計屋やアクセサリー屋は喜ぶでしょうね笑

このように手や足首はなかなか太りにくいのです。

痩せやすいという表現はちょっと違うかもしれませんね。

そもそも太らないのが正しいでしょう。

 

また顔も末端というか太りにくい部位になります。

顔が太ったというのはだいたい2パターン。

 

・むくんでいる

・腹などすでに太っていてその残りが顔に出た

 

顔は体の中で結構運動量の多い箇所です。

喋ったり笑ったりしますからね。

 

なので当然血流もいいので水分量によってすぐに影響が現れます。

飲み会の次の日に顔がむくんでたりします。

 

ではさらに深く解説していこうと思います。

 

太りやすい部位

太りやすい部位は順番に

・腹

・背中

・お尻

・腰

・太もも

・二の腕

・ふくらはぎ

・足首

・あご

・頬

 

二の腕が太くなった。

というのは結構太ったと考えていいでしょう。

顔に出たらもうMAX。確実に太ったと言えます。

 

この太りやすい部位というのは見てわかる通り、胴体を中心に太り始めます。

これは先ほど書いた通り体、臓器の保護を目的としています。

 

頭は?

 

と思うかもしれません。

頭に関しては頭髪、頭皮、頭蓋骨とすでに防衛網が多いので脂肪は後回しになります。

 

痩せやすい部位

痩せやすい部位はこの反対です。

・腹

・背中

・お尻

・腰

・太もも

・二の腕

・ふくらはぎ

・足首

・あご

・頬

 

みなさん腹の肉が気になりますよね。

私もいつも気になります。

 

腹の肉はラスボスです!

 

ここの肉が消えることにはきっと理想の体型になっていること間違いなし。

 

ここまで書けばわかると思いますが部分痩せというのは起こりにくいのです。

ただその部分を鍛えることで痩せて見えるようにするのは可能です。

 

部分痩せの真実

例えば腹の部分痩せについて。

 

腹の脂肪は落ちにくい。最後にスッキリするところです。

腹筋を適切に行えば腹筋の凹凸が成長してうっすら割れるのが早くなります。

また腹筋が弱いと内臓の内圧に負けて腹が出てしまうことがあります。

これを腹筋を鍛えていると内圧を腹筋で抑え込むことができるので結果的に腹が出る、というのを防ぐことができます。

 

こうすれば腹が引っ込むので部分痩せしているように見えますよね。

部分痩せの真相はこうゆう理由です。

 

二の腕に関しても同じことが言えます。

二の腕がタルタルな方は上腕三頭筋が弱いとも言えます。

この上腕三頭筋を鍛えることで重力に引っ張られずしっかり骨にまとう筋肉に成長します。

そうすることで脂肪は残っているが引き締まった二の腕に見えるのです。

 

トータルで痩せることを意識する

最後に痩せるとは何か。

 

腹回りが気になる。

ダイエットしよう

と思ったら全身で痩せることを意識しましょう。

 

部分痩せという視点で見るとなかなか痩せなくていイライラします。

しかし全身で見れば先ほどの順番で痩せてくるので必ずどこか痩せていることに気がつきます。

 

ダイエットで重要なのは体重や体脂肪といった数字ではありません。

見た目です。

 

かっこいい、美しい見た目をゲットするためにダイエットするんですよね。

そうしたらやはり見た目の変化を観察するのが一番早いしモチベーションも保てます。

 

毎日とは言いませんが毎週鏡で写真を撮ってみましょう。

比べて変化を感じてみてください。

 

私は2週間停滞しています。

体重が全くといっていいほど減らない。

でも体つきは大きく変わりました。

 

体重とは所詮小さな因子なのです。