筋トレ好き専業主夫の料理ブログ 父飯男飯

料理ができる男はモテる?料理ができるお父さんはかっこいい?専業主夫が送る男飯の作り方をご紹介。筋トレが趣味なので減量増量ダイエットも得意です。

バーベキューでも作れる!フライパンで簡単アクアパッツァのレシピ

今回ご紹介するのはアクアパッツァのレシピです。

釣った魚をアクアパッツァにするととても美味しい。必ずと言って良いほど作ります。

アクアパッツァとして楽しむだけではなく、作った際にできる煮汁も使えます。

例えばアクアパッツァの煮汁とトマト缶を合わせたパスタなど絶品です!

翌日に使用する場合は定期的に火を入れた保存、しばらく使わない場合はタッパーなどに入れて冷凍庫に保管すると良いでしょう。

捨てるには勿体無い煮汁です!

フュメドポワソンに近い味わいです。ボンゴレパスタにも良いですね。

 

では本題です。アクアパッツァの作り方をご紹介します。

 

 

材料

f:id:kyoya7zon:20190502113019j:plain

・魚 (今回はメジナ)

・あさり 1パック

・プチトマト

・アスパラ

・ブロッコリー

・にんにく 2欠

 

・塩 小さじ1杯

・ブラックペッパー 適量

・オリーブオイル 大さじ2杯

・白ワイン 小さじ1杯

・水 200ml

 

魚とあさりの下処理

魚は丸一匹使用する場合は下処理が必要です。

下処理をしないと完成時に生臭さなど出てしまう可能性があります。

 

下処理はいたって簡単。

鱗と腹わたを取り外し、血を洗い流します。

この時、塩を全体にまぶし、擦り込んだら入念に水で洗い流します。

そして身が割れないように飾り包丁を入れておきましょう。

f:id:kyoya7zon:20190502113530j:plain

これで魚の下処理は完了です。

 

あさりは必ず砂抜きを行いましょう。

砂が残っているとシャリっとした嫌な食感が残ってしまいます。

f:id:kyoya7zon:20190502112859j:plain

おおよそ500mlの水に対して塩大さじ1杯。

1lだったら塩大さじ2杯。

という具合です。

漬けて置く時間は1時間。

その後水で洗い流します。

写真のように銀トレイに金網を入れて置くと吐き出した砂をあさりが再度拾わなくなるため効率がよくなります。

 

魚から順番に火にかけていく

まずはフライパンにオリーブオイル大さじ2杯を入れにんにくを加えます。

f:id:kyoya7zon:20190502113741j:plain

香りが広がるくらいにんにくを炒めて、一旦にんにくを外します。

そうでないと完成するときににんにくだけ丸焦げになってしまいます。

にんにくの香りがついたオリーブオイルに魚を入れます。

f:id:kyoya7zon:20190502113837j:plain

片面焼けたくらいで魚をひっくり返しましょう。

ひっくり返したタイミングで砂抜きしたあさりを入れます。

f:id:kyoya7zon:20190502114026j:plain

この時点で白ワイン小さじ1杯入れます。

オリーブオイルが入ってるので油ハネに注意してください。

 

野菜を入れて蒸し焼きにする

魚、あさり、白ワインを入れたら野菜を入れましょう。

野菜はうまく均等になるように配置してください。

このとき、水200mlを野菜と同時に入れます。

f:id:kyoya7zon:20190502114402j:plain

そして蓋をしてじっくり蒸し焼きにしましょう。

火加減は中火より弱いくらい、蒸す時間は10分程度です。

あさりが開いたり、野菜に火が通ったら出来上がりです。

 

最後に味を整えるために煮汁を味見してください。

塩小さじいっぱい、ブラックペッパーで仕上げましょう。

f:id:kyoya7zon:20190502114612j:plain

 

盛り付け不要、フライパンのままで

これで完成になります。

盛り付けは不要でフライパンのまま食べるのがオススメです。

アクアパッツァやパエリアはフライパンのまま出すほうが綺麗にできます。

f:id:kyoya7zon:20190502114854j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

野菜や魚、あさりの出汁がきいて全てが美味しいです。

食べ終わったら魚の骨などをどかしてそのままパスタをあえても美味しいです。

魚を手に入れたら是非お試しください!