筋トレ好き専業主夫の料理ブログ 父飯男飯

料理ができる男はモテる?料理ができるお父さんはかっこいい?専業主夫が送る男飯の作り方をご紹介。筋トレが趣味なので減量増量ダイエットも得意です。

睡眠薬で眠れない時に試したい6つの事

スポンサーリンク

不眠の強い味方、睡眠薬。

依存性があるとか、危険とか言われることもありますがそのまま眠れないよりは安全です。

依存も確かに大変厄介なことですが優先順位を考えると眠れない方がマズいので医師の判断のもと、使用するのは良いと思います。

 

医師から処方されている睡眠薬は患者さんの状態に合わせて調整されたもの。

自己判断で増量したりするのはダメです。

 

ですが処方された睡眠薬を、決められた量飲んでいるにも関わらず、眠れないという事があります。

 

こんな時、一体どうすれば良いのか。

ちょっと試してみたいことをご紹介します。

睡眠薬で眠れない時に試したい6つの事

f:id:kyoya7zon:20191115093438j:plain

睡眠薬を飲んでも全く眠気が来ない場合、色々な要因が考えられます。

 

一つは、まず効いていない。

効いていない理由は色々ありますがうまく睡眠薬が吸収されなかったことで脳へ作用していない現象。

ただ飲んだだけという状態です。

仮にもこれが食べ物だったら太らなくて嬉しいですが睡眠薬の場合は無意味です。

 

他にはメンタル、神経的な問題。

興奮状態にあったり、強い不安感がある時には睡眠薬の効きが悪くなります。

実際な少なからず脳へ作用しているのですが、心がそれどころではないので眠いという感覚を感じない状態です。

 

慢性的にこのような場合は医師へ相談すべきです。

そうすると不安感を和らげる薬を処方してくれたりします。

 

では睡眠薬を飲んでも寝れない時、試すべきことをご紹介します。

すぐできるものではなく、事前対策としてです。

食事の時間を早める

睡眠薬は当然就寝前に飲む薬。

想定されているのが胃に内容物が少ない、もしくはない状態で飲むものとしています。

 

つまり食後に飲むと吸収が悪くなるので効き目が現れない可能性があります。

非ベンゾジアゼピン系のルネスタの取扱説明書には食後2時間はあけるようにと指示があります。

 

食べ物にもよりますが通常消化には2時間〜3時間程度かかるとされています。

脂っこいもの、揚げ物、肉などは3時間以上かかるものがあるので注意が必要です。

 

薬を飲む前の食事は控える。

時間は余裕を持ってあけ、早めに食事をすると効き目が良くなることもあります。

 

あまりオススメはしませんが睡眠薬を飲んでから食事すると効き目が良くなりますが、寝る直前の食事は睡眠の質を低下させるものでもあります。

 

また効きすぎて歯磨きができないとか、転ぶとか二次災害が起こることも考えられます。

 

 

水を多く飲む

食事を取る時間と似たような効果ですが水や炭酸水を飲むと消化が早くなるとされています。

普段から水をよく飲んで排出がスムーズに行われていると痩せることもあります。

 

もしどうしても食事の時間が変えられないのであれば水を飲んで消化を促すと良いでしょう。

風呂に入る

睡眠薬を飲んでからの入浴は厳禁です。

血行が良くなりどのように睡眠薬が作用するかわかりませんので非常に危険です。

 

風呂に関しては入浴後90分程度で眠気が起こるとされています。

これは表面温度と深部体温の関係によるもの。

 

このことから逆算して寝る予定の90分ほど前に入浴し、寝れる支度が整ってから睡眠薬を飲むのも効果的です。

血行もよくなっていますから効きもよくなるはず。

 

運動する

睡眠直前の運動は神経を興奮させるので厳禁です。

昼間〜夕方にかけて運動することで疲れも出て眠くなりやすくなります。

 

正確にはセロトニンなどのホルモン分泌により夜に眠気を引き起こしやすくなるのです。

 

適度な運動が健康や睡眠にも良いのは知られていると思います。

健康面からしても運動はオススメです。

 

昼寝をしない

昼寝は健康の秘訣、仕事効率のアップなど言われています。

確かに昼寝は脳をリセットし、作業効率が格段にアップします。

 

が、不眠でお悩みの場合は眠らずひたすら睡眠圧を高めるべきです。

 

昼間眠ってしまうと夜寝れなくなる素材としてあり得るので細かい点でも改善していくことをお勧めします。

 

消化に良い炭水化物を取る

先ほど寝る前に食べるのはよくないと書きました。

それは眠ろうとする時に消化器官が働く影響で睡眠を阻害するということです。

 

しかし近年の研究では寝る前に消化に炭水化物、糖質を摂取することで脳にリラックス効果を与える事ができると言われています。

 

寝る前に食べるなら

・バナナ

・おかゆ

・白米

あたりがお勧めです。

糖質が多く含まれるプロテインも良いかもしれません。

 

カップ麺とかがっつりしたものはやめましょう。

 

やってはいけないこと

最後に眠れないからといってやってはいけないこと。

 

・タバコを吸う

・酒を飲む

・テレビやゲームをする

 

これらは交感神経に刺激を与えるのでダメです。

 

酒に関しては寝れそうな気もしますがそもそも睡眠薬との相性が最悪です。

一瞬寝れたとしてほぼ確実に中途覚醒を引き起こし、苦しむことになるでしょう。

 

寝る前にタバコを吸いたい気持ちも以前吸っていたのでわかりますがドーパミンの分泌や脳を覚醒させるので1時間前は吸うのを控えた方がいいです。

 

睡眠薬が効かないと思ったら一つでもいいので試してみてください。

経験上オススメは空腹時に睡眠薬を飲む、です。

これが一番効くはず。