筋トレ好き専業主夫の料理ブログ 父飯男飯

料理ができる男はモテる?料理ができるお父さんはかっこいい?専業主夫が送る男飯の作り方をご紹介。筋トレが趣味なので減量増量ダイエットも得意です。

筋トレは最高のうつ病治療法!筋トレでうつ病が治るメカニズム

スポンサーリンク

私はほぼほぼ毎日筋トレしてます。

なんで毎日筋トレができるのか。

超回復を知らないのか?

 

と突っ込まれてしまうのでご説明を笑

 

部位ごとに分けて毎日筋トレをしています。

 

月曜 胸筋・肩・上腕三頭筋 

火曜 腹筋・前腕

水曜 脚

木曜 背筋・上腕二頭筋

 

というローテーションです。

正直辛いと思う日もありますが毎日の日課となってしまったのでやらないほうが罪悪感というかなんとも気持ち悪い感じがします。

 

前まで筋トレは割と適当にやっていた時期がありました。

ちょうどそのタイミングで気持ちが落ち込み、今思えば結構なレベルのうつ状態だったと思います。

医者、薬の助けもあって2週間ほどで並以下程度には回復しました。

 

その後から筋トレを前向きに取り組んだら精神的不調が起こらないことを実感したんです。

 

その時、初めて知ったのが

筋トレでうつ病が治る

 

ということ。

今回体験談を踏まえ、このメカニズムを説明したいと思います。

 

筋トレは最高のうつ病治療法!筋トレでうつ病が治るメカニズム

f:id:kyoya7zon:20190903113204j:plain



まずはじめに、筋トレで鬱が治ると聞いてどう思います?

 

私はそんなわけないだろ!って思いました。

そもそもうつ状態で筋トレやる気でないでしょ。

 

私がそのどん底うつ状態だったとき、なんとなくの日課で筋トレをしていました。

だから三日に一回くらいなんとなく筋トレ、しかも軽度のトレーニングをしている程度。

 

筋トレがうつ病に効くと知る前にうつ病を治すにはどうしたらいいのか。

心のそこから溢れる絶望感と虚無感、無気力をどうすれば克服できるのか調べていました。

 

だいたい調べて出てくるのは

・ゆっくり休養しましょう

・医者に行ってお薬飲みましょう

・規則正しい生活を送りましょう

 

こんな感じです。

これをやっているのによくならないからさらに絶望感が増すのです。

今日、明日、明後日毎日同じ絶望の繰り返し。

 

生きているのが辛い。

 

こういうループに陥ります。

経験したことある方はいるのではないでしょうか。

 

絶望の繰り返しのなかでこの精神状態を改善したいと少しでも思うから調べ続けました。

 

すると今更ながらうつ病の原因と症状を知ることに至りました。

 

うつ病は心の病というより脳の伝達異常による病気です。

セロトニンという一種の覚醒物質が不足することで元気がなくなり、さらに夜にはメラトニンが減り睡眠障害を起こすというものです。

 

だからセロトニンがそれなりに出ればうつ状態を改善できるとも言えます。

 

そこで行き着いたのが毎朝、朝日を浴びながら散歩をすること。

人間は日光を浴びると体内時計がリセットされセロトニンが分泌されます。

 

セロトニンが日中十分分泌されると夜に眠気を引き起こすメラトニンを分泌してくれます。

 

私のうつ状態の時の最大の悩みは

今日は寝れるだろうか

 

といういわゆる不眠症、不眠恐怖症というものです。

今思えばよくわからない感情ですが当時は寝れるかどうかが気になり、怖かったようか記憶があります。

 

これらを解消するには朝日を浴びて運動すること。

まずは実践してみました。

 

毎日の運動が心を支える

うつ状態だった当時、睡眠を阻害する生活習慣がいくつかありました。

 

コーヒーをよく飲む

タバコを吸う

 

これらは睡眠においてよろしくないものです。

うつ状態で生活習慣を見直す治療もありますが正直厳しいものがあります

 

人間は変化を恐れる生き物です。

うつ状態、どん底モードで変化を起こしてさらにどん底になるのを恐れます。

というかそうゆう発想しかできません。

 

だから当時寝る前のコーヒーくらいは控えられましたがタバコはやめられませんでした。

というかやめる気がなかったんだと思います。

 

そんな中で希望の光、いや藁にもすがる思いで見つけたのが朝日を浴びて散歩をするということ。

つまりセロトニンを出せばいいんだね!という単純解釈のもと毎朝日の出とともに無理やり起床して歩いていました。

 

最初は地獄のように思えましたが三日目以降歩くと一日気分が少しマシになっていることに気がつきました。

食事も美味しい。

夜も寝れるようになった気がする。

正確には朝日を浴びたんだから寝れるよ、という思考が生まれた。

 

さらにセロトニンを増やすにはどうしたらいいのか色々調べました。

するとトリプトファンを摂取するとセロトニンが増えることを知り、サプリメントを購入。

 

トリプトファンは食品からも割と摂取できるものです。

今もまだ飲んでいますが当時はその一つ一つの良いものが気持ちを押し上げていました。

 

筋トレで鬱が吹っ飛んだ

毎朝の散歩で活力が湧くことに気がついたので筋トレも毎日やってみることにしました。

筋トレを毎日、ハードにこなそうと決めた理由は

疲れて寝る

という可能性があるためです。

 

これまでのように中途半端では疲れない、眠くもならない。

ならば毎日限界までやろうじゃないか。

と思いつきました。

 

筋トレを部位ごとに分けて毎日することをおすすめしますで解説しているのでご参考までにどうぞ。

 

ある意味荒療治、ストイックな治療になりましたがここで私は覚醒しました。

 

毎日筋トレを限界まで行なっていると生きている実感を得ることができたんです。

 

体が痛い

体が大きくなってる

 

さらにプロテインも美味しい、ご飯も美味しい。

明日は背筋の日か、楽しみだ!

 

この時すでに鬱はどこかへ行ったようです。

私は筋トレで鬱を克服し、覚醒することに成功したのです。

 

またのちの話ですが禁煙も成功しています。

 

筋トレが鬱に効く理由

なんで筋トレがうつ病に良いとされているのか。

私が体験した感覚のメカニズムは何か。

 

これは朝日を浴びるのと同様に筋トレをすると気持ちを上げてくれるホルモンが分泌されるのです。

セロトニン、テストステロンと活力を与えてくれるホルモンが筋トレによって引き起こしてくれます。

 

もともと運動すると清々しいと感じるのはこれらの作用によるもの。

筋トレに関して言えば達成感なども合わさって非常に効率のいいものとなります。

 

最初は憂鬱な気分で筋トレ?は?バカじゃねぇの?くらいに思うと思います。

私もそうでした。

 

でも一回やってみると少し変われると思うんです。

 

また筋トレを日常的に続けることでこれらのホルモンがガンガン働くので再発防止、予防効果も高いとされています。

 

現在のフィットネスブームは現代病予防には最高のブームとも言えるでしょう。

 

鬱を乗り越えたらかっこよくなった気がした

f:id:kyoya7zon:20190903112629j:plain

鬱の時はあれも嫌、これも嫌、自分も嫌い。

そんな毎日でした。

まさに絶望です。

 

しかし筋トレで覚醒したらある意味怖いもの知らずになりました。

そして自分が毎日かっこよくなっていってる気がしてます。

(最近は自分の筋肉見てニタニタしてます。)

(この前ジムで高重量のキツイスクワットをニタニタしてやってたら気持ち悪いと言われました)

 

自分の見た目が変わると気分は変わります。

美容院、エステだってそうです。

 

それが自信につながれば気分は上がります。

自分のことを好きになればそれだけで絶望ではなくなります。

好きな人がそばにいれば幸せですよね。

自分のことが好きならそれでいいじゃないですか。

まぁナルシストになった方がいいという話です笑

 

自分に優しくすると人の優しさがわからなくなる

最後に我が師の言葉をご紹介しようと思います。

 

自分を甘やかしすぎるな。

自分に必要以上に優しくするな。

 

そうすると人の優しさや暖かさがわからなくなる。

 

昔聞いた話ですが今思えば格言だなと!

要するに自分ラブが大きくなりすぎると他の人からのラブでは物足りなくなってしまうという話です。

 

自分に優しく、は大事だと思いますが度を超えない範囲でねという話。

それと自分以上に優しくしてくれる人がそばにいるはずだよ、という話です。

 

さぁこれでお分りいただけたでしょうか?

私は今日も筋トレをします!